忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[509]  [508]  [507]  [506]  [505]  [504]  [503]  [502]  [501]  [500]  [499
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 熊本が誇る若きエース、木下明水クンのWEB法話、二週目の
テーマは、「方法を聞くのではなく、いわれを聞く」と題して、
「大無量寿経には、私を救わんがために阿弥陀様がして下された
ご苦労が説かれている」と、なるほど、よく分かる話です。
 さらには、一日どのくらい腹を立てるか、数えてみた、という
話も、なかなかおもしろかったですよ。
 何しろ、このように、聞いている人が、よく分かる話でないと、
せっかく話をしても、時間のムダですよね。話す方も、徒労にお
わっては、もったいないことです。
 明水クンの名前は「明鏡止水」の四字熟語から取られただけあ
って、最初から最後まで、スキッと通る筋があったように感じま
した。
 そこで、欲を言えば、「南無阿弥陀仏が、声の仏となって、私
たちにとどいてくださる」というところ、ここをもう一歩進んで
明快にしてもらうと、有り難かです。
 というのは、「届いてくださる」とは、「すでに届いている」
のか、「まだ届いていないけど、いつか必ず届く時が来る」という
ことか、いずれか、ということです。
 「もう、届いていますよ」といわれても、自分に届いたという
自覚もないし、自分の心は何も変わっていない、これでは、
「真実の浄信は億劫にも獲がたし」億劫にも獲がたい真実の信心
を今、獲たぞ・・・とおっしゃった祖師のお言葉に合致しません。
 「いや、どれだけかかろうとも、いつか必ず、届いてみせる。
そして、必ず救う」という、三世を貫くお誓いなのか、それなら
ば、今はまだ苦悩にあえぎ、迷いを重ねる私だけども、こんな私
を見捨てることなく、何とか助けんとご苦労なさっておられる、
ということで、理解もできます。
 常に、明快に、み教えを説き切る木下クンならばと、期待して
いますよ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
まったく・・同感
明水君の話を何度か聞かせていただいた時に感じていたことがズバリ書いてありますね。
互いに切磋琢磨もよいでしょう。
・・ちなみに、私は「褒めていただかないとのびない、へたれにんげんですがね」(ワラ)
つねずね 2010/03/08(Mon)23:45:52 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]