忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[543]  [542]  [541]  [539]  [538]  [537]  [536]  [535]  [534]  [533]  [532
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

歩く人
本願寺新報に掲載された「みんなの法話」、ネットでも
読めますが、奈良県の西光 義秀氏の「いつでも どこ
でも だれでも」が掲載されていました。

 →全文へのリンクはこちら!

そのラストの部分に、こう言われています。

「何よりも、"わが名を称えよ"と阿弥陀さまがよび続けられ、
 願い続けられているのです。そのおこころを、とことんまで
 聞かせていただくのが聴聞なのです。」

 「とことんまで聞かせていただくのが聴聞」とのこと。
 とことんまで、とは、どこまでなのか。
 そこを、親鸞聖人のお言葉で、聞かせていただきましょう。

「聞というは、衆生、仏願の生起本末をききて疑心あることなし。
 これを聞というなり」(教行信証信巻)


ここは、本願成就文の「聞其名号」の聞について、述べられた
ところです。

衆生とは、私たち、すべての者です。
仏願とは、阿弥陀仏の本願のことです。
生起とは、生まれ起こされた、ということで、阿弥陀仏が本願を
建てられた、ということです。
その本末とは、もとから、末まで、です。

 なぜ、阿弥陀仏は、本願を建てられねばならなかったか、
そのもとから末まで、聞かせていただいて、それに「疑心ある
ことなし」疑いの心、あることなし、となったことを、「聞」と
いうのだ、と仰せです。
 「あることなし」ですから、今、一時、なくなるだけでなく、
ずっとないこと、金輪際なくなったことを、「あることなし」と
言われているのです。

 ゆえに、浄土真宗では、「聞」とは「信」のことであり、故に
正信偈では、「聞信如来弘誓願 如来の弘誓願を聞信すれば」
言われています。

 では、その仏願の生起本末とは、どういうことか。
 折を見て、また書かせていただきたいと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]