忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[541]  [539]  [538]  [537]  [536]  [535]  [534]  [533]  [532]  [531]  [530
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大阪此花区のパチンコ店での放火殺人は、全く驚くべき
事件でした。
同じ大阪で、昨年秋、個室ビデオ店に放火、人が亡くなった
事件、覚えておられますか?
ある人から教えてもらって、実はあの放火犯に、恐ろしい
宗教の黒い影が・・・。

以下は、産経新聞のサイトからです。

【個室ビデオ店放火】 小川和弘容疑者、直前に奈良の宗教施設へ

 2008.10.9 01:32
< 大阪市浪速区の個室ビデオ店「試写室キャッツなんば店」
 で15人が死亡した放火事件で、殺人などの疑いで逮捕され
 た無職、小川和弘容疑者(46)が事件直前、一緒に入店し
 た露天商の男性(42)と奈良県内の宗教施設に出かけてい
 たことが8日、わかった。>

では、その宗教施設に、何をしに行ったのか。

【個室ビデオ店放火】幻覚作用のあるダイミ茶を飲む 小川容疑者が事件半日前
 2008.10.15 01:51
<小川和弘容疑者(46)が事件の半日前、奈良県内の宗教
 施設で南米原産の植物を煮出し、幻覚作用をもたらすお茶
 を飲んでいたことが14日、わかった。同行した男性は
 「頭がぼーっとして幻覚をみた」と証言。小川容疑者も
 服用直後に涙を流したり、叫んだりしたが、施設を離れる
 ときには元の落ち着いた状態に戻っていたという。
 小川容疑者が飲んだのは、ブラジル発祥の宗教「サント・
 ダイミ教」の儀式に用いられる「ダイミ茶」で、幻覚作用
 の持続時間は約2~6時間とされる。>

 これについては、すでに外務省も、注意を呼びかけています。

ブラジルで宗教団体にダイミ茶を飲まされ…外務省が調査

< 昨年、ブラジルのサンパウロを訪れたNGO職員の日本人
 女性(23)ら男女8人が、現地の宗教団体関係者から幻覚
 症状を引き起こす「ダイミ茶」を飲むよう勧められ、強い吐
 き気などの症状を起こしていたことが26日、分かった。
 ダイミ茶は麻薬取締法で規制されている成分が含まれている
 が、現地では宗教儀式などに用いられており、外務省は総領
 事館を通じて調査。同様の相談があった場合は対応するよう
 注意を促した。>

というような、実は恐ろしい宗教だったのでした。

 物理化学的に、幻覚作用を引き起こし、それを何らかの宗教
体験だと錯覚させ、本人に暗示を与え、繰り返し通わせる、
そしてそれを周囲にも喧伝し、さらに信者を獲得していく、
まさしく邪教外道の手口そのものです。

 そして、その幻覚作用や、その後に襲う精神不安などは、
さまざまな犯罪や、奇行に走らせる危険が大です。

 浄土真宗でも、いわゆる秘事法門は、同様の儀式を行ったり
する一派がありますので、注意が必要です。
 
 いよいよもって、正しい教えを、一刻も速やかに、お伝え
しなければならないと、知らされます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]