忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[544]  [543]  [542]  [541]  [539]  [538]  [537]  [536]  [535]  [534]  [533
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「独生独死 独去独来」
・・・一人生まれ、一人死ぬ
   一人来たから、一人で去っていく

お釈迦様は、すべての人は、生まれてから死ぬまで孤独であると
おっしゃっています。家族、友人など、肉体の連れはありますが、
魂の連れ、心の友がいないのだと。

「みほとけとともに 西本願寺の時間」では、藤田哲史氏が、
『女性専用車両』と題して、話をされました。
 例によって、結論部分は、また上層部のチェックが入ったので
しょう、本人は、もっとハッキリ言いたかったことが言えなくて、
十劫異安心の話で終わっていますが、
前半は、なかなか描写もいいし、身近で、分かりやすくて、クスッ
と笑いも誘う、いいお話でしたよ。

 遅刻寸前で、飛び込んだ電車が、なんと「女性専用車両」だった
もんで、冷や汗、冷や汗。次の駅までが、長かったこと、長かった
こと。ほんと、えらい目にあいました、という話です。

 誰にもわかってもらえない、心が一人ぼっち、ということは、誰
しも感ずることがあります。

「弥陀五劫思惟の願をよくよく案ずれば、
 ひとえに親鸞一人がためなりけり
 されば若干の業を持ちける身にてありけるを
 助けんと思しめしたちける本願のかたじけなさよ」
                (歎異抄)

 その私を、未来永劫の幸せに救い摂る、と誓われた、阿弥陀如来
の本願に、摂取せられるところまで、一日もすみやかに、聞きぬか
せていただきましょう。

 藤田氏のこのエピソード、法座かどこかで紹介させていただくかも
知れません。よろしくお願いします。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
学会のごり押し施策です
管理人様、お久しぶりです。以前女性専用車はあの忌まわしい某学会が鉄道会社にごり押しして実現させたと申しました。まったく迷惑な話です。公共交通機関にこんなニッチな専用車は必要ありません。同朋社会の実現に向けて廃止の方向に持っていけないでしょうか?節に願います。
私は異安心 2009/07/13(Mon)22:30:38 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]