忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[28]  [27]  [26]  [25]  [23]  [24]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 5月下旬、熊本の若手の宗門人が発起人となって、宗祖親鸞聖人
越後流罪800年を機に、勉強会をひらきました。

 その趣旨は、分かりますよ。何しろ、慈悲の権化のごとき聖人が
死刑、流刑の判決を受けられた、ということは、我ら宗門のものに
とって、極めて重大な問題です。
 そこには、親鸞聖人が、どのようなことを開顕されたから、時の
権力者の怒りを買い、激しい弾圧に出たのか、聖人の教えが、深く
関わっているからです。

 ところが、上記の熊本での勉強会では、森達也という映画監督を
呼んで、真宗とはおよそ何の関係もない講演を聞いて、終わり。
 なんじゃ、それーっ!?
 森達也は、やはり熊本生まれの邪教の教祖、麻原彰晃こと、松本
智津夫の作った、オウム教(現アーレフ)を取り扱った映画「A」
「A2」の監督だから、「マスコミが作り上げる世論の恐ろしさ」
とか「社会現象を自分の視点から一貫して注視する大切さ」などと
いうことは、そりゃあ、専門の領域でしょう。
 
 それはそれで語ってもらうべき場所が別にあるはずで、今、宗門
の者として、宗祖の越後流罪とは、直接は何の関係もない話です。
 わざわざ「宗祖の越後流罪を考える」というテーマのために集ま
った皆さんは、さぞかし、肩透かしだったでしょうなあ。
 ところが、森達也は「手ごたえを感じました」などと言っている
のだから、場が読めないにもホドがある。

 ところで、「A」とか「A2」なんて映画、誰か知ってました?
なんともまあ、マイナーな人を、講師に呼んだものです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]