忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[24]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 アニメ『親鸞さま』(仮称)の制作が、今年12月末を目標に
はじまっています。
 制作は、広告代理店の大広京都。
 アニメーション制作担当は、グループタック。
 脚本担当が、アケイラ・プロモーション代表取締役の相馬和彦。
 聖人85歳を想定して、主人公とし、「親鸞聖人が、人間らし
く、親しみやすく、愛すべき方であることを徹底的に描こう」と
いうテーマで、制作中です。
 
 さてさて、こう読んでいくと、どうしても比較してしまうのが
『世界の光 親鸞聖人』全6巻シリーズです。親鸞聖人映画制作
委員会制作、プロデューサーが大黒幸雄、監督・演出が大庭秀昭、
主役には屋良有作、高橋幸治、柴田秀勝が年齢に応じて担当し、
ナレーション鈴木弘子。音楽は、長岡成貢、音響監督・本田保則、
という制作陣です。

 今回の「親鸞さま」が、はたして、かんじんの親鸞聖人の明ら
かにされた御教えに、どこまでせまれるか。声優や、総尺(時間
の長さ)や、音楽担当なども知りたいところですが、いちばんは
宗祖の開顕された御法をあやまりなく、しかも分かりやすく徹底
してほしい、というところです。

 そう考えていくと、ただ親しみやすさ、だけでなく、他の人に
はない親鸞聖人ならではの偉大さ、尊さを、示して欲しい。
 ただ「どこにでも居る人」だけでは、映画を作る意味がない。
「どこにでも居そうだけど、他の人には見られない、こんなとこ
ろのある方だった!」せめて、そのくらいまでは、このアニメで
明らかにして欲しいと思います。
ちなみに、上記のアニメ全集については、こちらを参考に。
親鸞聖人フォーラム
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]