忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 先日、ご門主の「世のなか安穏なれ」が返本開始、と書きました。
呼応したかのように、本派ホームページでは、「この本は、本願寺
出版社でも販売しています」という案内が出ています。

 このように、著者自身の所属団体での「直販」が始まったという
ことは、すなわち、(業界人の見方としては)
ああ、一般書店では、あんまり、売れてないんだろうなあ、
だから、著者のお寺で、販売するようになったんだなあ、
いよいよ、この本も、収束だなあ、という感じなのです。

 一般書店で展開して売れる間は、取次ぎや書店は、出版社の直販
を快く思いません。だって、この手の本は、著者の所属する団体で
もっとも多く売れるからです。その所属団体での直販をやられたら
それだけ、一般書店で買う人は少なくなります。
 だから、直販を控えてもらいたいと思っているのです。

 だって、邪教創価学会の親玉が本を出すでしょう。
 それを、紀伊○屋とか、三○堂とか、ジュ○ク堂とかに並べる。
これを、信者が買いにくる。いや、それを目当てで並べる。これで
この手の本が、ベストセラーに顔を出すのです。
 なのに、創価学会が自分とこの文化会館などで直販に力を入れた
ら、それだけ書店は不満だし、次からは置くことをためらいます。

 そこで、幸福の科学でも同じですが、「書店に買いに行ってくれ」
と言うのです。
 これは、決して良いことではないかもしれませんが、出版業界で
常識になっていることです。

 宗門には、そういうことをする人が、誰もいないのか。
 あるいは、アドバイスしてくれる人もいないのか。
 残念な展開になっています。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]