忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[433]  [432]  [431]  [430]  [429]  [428]  [427]  [426]  [425]  [424]  [423
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 アメリカ人の友人から聞きました。
「『歎異抄』の『善人なおもって往生をとぐ。いわんや悪人をや』
という言葉は、アメリカの大学生でも、東洋の格言として、よく
知っています。常識なんじゃないですか」

 ほう、そうなんだ、と思いました。
 ただ、もちろん、そこでいう「善人よりも悪人が助かる」という
ことも、欧米で、神の救いについて、「金持ちよりも、貧乏で苦し
んでいる人のほうが救われる」などと言われることと、関連付けて
理解されているようです。
 おそらく、そうでしょうね。

 善人よりも悪人を救う、と言う。
 しかし、ならば、突っ込みたいのですが、「じゃ、そんな悪人を
造ったのは、神ではないのか」というところです。
 自分が悪人を造り、苦しませておきながら、今度はその悪人を
救うぞ、などというのは、一体どんな神なんだ、と思います。

 さらに、そこでいう「悪人」というのも、宗祖が仰せられた、
「悪人」とは、天地雲泥の差があります。

「一切の群生海、無始より已来、乃至今日・今時に至るまで、
 穢悪汚染にして清浄の心無く、虚仮諂偽にして真実の心無し。
                    (教行信証信巻)
十方衆生の中に、善人は一人もいない、と仰せです。

 このように、字は同じ「善人」「悪人」であっても、宗祖の
仰せられた意味とは、全く異なって流布しています。これは、
このお言葉以外でも、そうです。

 もし、こういう言葉が、ふっと聞こえてきた時には、それを
縁として、本当の「善人」「悪人」とは何か、親鸞聖人の本当
の教えを、伝えるご縁としたいものです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]