忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[451]  [450]  [449]  [448]  [447]  [446]  [445]  [444]  [443]  [442]  [441
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

三業惑乱
瑞泉寺の門

 智洞の邪説をきっかけに、真宗の道俗がこぞって、
「私はこのように弥陀にお願いした」
「お前はどのように弥陀をたのんだか」
と、三業を詮索するようになり、日本中が騒然となって
いったのである。

 蔓延する「三業安心」の誤りを正そうと、各地から
実力ある真宗学者が立ち上がった。中でも有名な人物が、
安芸(今の広島県)の大瀛(だいえい)であった。
 大瀛は、本願寺へ質問状を送付した。急所を突かれた
智洞は青ざめ、返答できない。大瀛は何回も催促状を送り、
智洞へ法論を申し込んだ。
 相手が、どんな権力者であろうと、真実をネジ曲げる者
には敢然と立ち向かう。
 これぞ、祖師聖人のご精神にかなうものだ。

 さらに大瀛は、本願寺の主張を論破した本を出版、たち
まち、ごうごうたる反響が沸き起こった。ことは未来永劫
の浮沈を決する大問題。
 門徒はその是非を、手次の寺に質す。僧侶同志で議論を
交わす。法座や寄り合いの度に話題となる。
 まるで、日本中、蜂の巣をつついたような騒ぎとなった。
 かくて、各地の代表が本願寺へ押しかけ、法主に裁断を
迫った。京都は騒然とし、暴力事件、流血事件が続発する
にいたった。
(つづく)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]