忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[88]  [87]  [86]  [85]  [83]  [82]  [84]  [81]  [80]  [79]  [78
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 9月5日から定宗が開かれています。
前から問題になっていて、今回も取り上げられると聞いているのが、
歴代門主の消息を、お聖教と同じく扱うか、どうか、の問題です。

 たしかに、親鸞聖人、覚如上人、蓮如上人がたと、その他の法主、
門主のかたがたを、同列に扱うのは、いかがなものか、という問題
はあります。

 さらには、戦前において消息で、聞信徒へ戦争参加の呼びかけを
行なったことは、大いに問題にされるべきでありましょう。

 また、三業惑乱を収拾するために発せられたご裁断の御書では、
「一念の覚、不覚を論ずるな」
と言われています。もちろん、信楽開発の一念のことです。
「たのむ一念のところ、肝要なり」
とまで、蓮如上人は仰せであり、真宗の要の中の要である信の一念
について、「論じてはならない、語ってはならない」と言ってしま
ったために、今日まで、誰一人として、信一念に触れようともして
いません。
たまに、一念を説く者があると、異安心よばわりしているしまつ。
その論拠も、この当時の法主が発した消息にあったのです。

 しかし、消息に聖教と同じ権威を認めない、ということになると、
じゃあ、門主は、どんな発言をし、文書を公表しても、何の発言力
も拘束力もない、ということだと、じゃあ門主って何だよ!という
ことにもなりかねません。

 というようなややこしい話が絡んでいますので、おいそれと結論
は出ないでしょうが、もっと根本的なことをいえば、
「宗祖親鸞聖人の教えに反したことを教える門主を
 宗門のトップにかついでいて、それでいいのか?!」
ということではないでしょうか。
 おっと、おそろしくて、こんなこと、口に出して言う人はいない
でしょうけど。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]