忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今朝の「みほとけとともに 西本願寺の時間」聞きましたか?
って言っても、聴いていない人が多いかなあ。それも残念では
ありますが。

 あいも変わらず、宗祖のお言葉はほとんどなし。
 出てきた話は、
「親が子供に、〇〇しなさい、と社会の規則や親の考えを押し付け
るのは、よくない。〇〇してほしい、という願いを伝えるべき」
という、ある人(誰なのか、よくわかりませんでしたが)の話を
紹介していました。
 そこから、みほとけの願い(阿弥陀如来のご本願)に結びつけ
ての話でしたが、これって、よく聴くと、真宗教義以前に、意見
としておかしくないですか。

 「人を殺してはいけません。助けてあげなさい」
という社会の規範であり法律であり、仏法でも当然、不殺生と教え
られていることを、教えるのが、「押し付け」になるのですか?
 かわりに、この人の説でいえば、
「人を殺して欲しくないなあ」
という、願いを伝えればよいということになりますが、それでいい
のでしょうか!?

 「でも、僕は、殺したいんだ」
という、今度は、子供の願い、を言ってこられたら、どうするの?
 「殺して欲しくない」
 「僕は、殺したい」
この二つの、対立する「願い」が衝突したとき、どうするのか。
そのために、社会には法律があり、世間には道徳があり、もっと
大きなスケールで、仏法では、教えがあるのではないですか。
 そういう社会の規範を「押し付け」るのがよくない、と言って
いるから、子供の「願い」(というよりは、単なる欲求ですが)
のほうが、親の「願い」に勝って、子供が言うことを聞かなくな
ってくるのです。

 「〇〇したい」という人間の欲、いわゆる貪欲ですが、それら
煩悩にまかせて行動していたら、いったいどうなってしまうのか。
 規範も何も、意味をなさなくなってしまいます。

 ここに釈尊は、厳粛な因果の道理を説かれ、廃悪修善をすすめ
られているのではないですか。
 廃悪修善は、弥陀の本願と関係ないじゃないか、という不勉強
な人も、中にありますが、弥陀の十九願にちゃんとありますよ。
十九願と二十願、そして十八願の「三願転入」については、真宗
学の基礎ですから、ご存知ですよね。
 その因果の道理、廃悪修善を教えるのも「押し付け」ですか?
 それじゃ、布教なんかできないじゃないですか。

 事実、私の子供がこれを聞いていて、
「じゃあ、やりたい!と思うことを、やればいいんだね」
という、ストレートな感想を言っていましたが、そうじゃないよ
と、話をしたことでありました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]