忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 10月9日、どなたか築地本願寺に行かれましたか?
 東京親鸞会の「入門仏教塾」では、同日午後6時30分より
仏教情報センター理事長の鈴木永城氏を迎え、「各宗の教えに
学ぶ」と題して、セミナーが開かれました。
 
 これは東京親鸞会ではないけれども、9月26日には、寄席
をやっていた、築地本願寺。人が集まるんなら、落語だろうが、
ロックだろうが、他宗の勉強会だろうが、もう何でもあり、と
いう感じで、どーもねえ。

 確かに、蓮如上人が、「他宗他門を誹謗すべからず」とは
おっしゃっていますよ。しかし、かんじんの当流・親鸞聖人の
教えさえ、よく学んでいないのに、他宗から学ぶって、何を、
どう学ぶのやら。

 同じ9日、午後2時からは、東京僧伽勉強会では、「大無量寿経」
を取り上げて、司教の高田慈照氏の話。こちらは、また大上段に
ふりかぶって、大変な演題を持ってこられたものです。
「それ真実の教をあらわさば、大無量寿経これなり」(教行信証教巻)
と宗祖も仰せですから、大経を講ずるのはよいとして、これまた何を
どう論ずるのやら。

 できれば、宗制改定されたことでもあり、十八願成就文の「聞其名号」
を取り上げ、徳号を御本尊とする根拠などを、語ってくださればいいの
ですが.......。

 こんなお勉強のページもあります。
浄土真宗を憂う
浄土真宗が分かる!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]