忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 宗祖親鸞聖人が、35歳の御時、越後に流刑にあわれた
承元の法難から、今年でちょうど800年となりました。
 同時に、恩師・法然上人も、四国の土佐に流刑にあわれ、
吉水の法友四人も死刑になり、浄土門は解散、一向専念
無量寿仏の布教は禁止、歴史上有名な宗教弾圧でした。
 本派では、9月26日、教学伝道センター主催で、龍谷
大学大宮学舎本館で、法難についての特別講演会を開きま
した。
 年内にあと2回開かれる予定ですが、まずこの日には、
勧学の梯實円氏の講義がありました。(円は、ほんとは
旧字体のほうです)

 中外日報では、法難の原因について「宗祖は思想弾圧
だったと記されている。この視点を大切にすべき」と述べ
たと書かれています。
 では、どういう思想弾圧だったかという点については、
「聖道門の念仏は、論功行賞モデル。
 浄土門の念仏は、医療モデルの念仏。
 本来の医療は、患者すべてに平等、身分等で治療に差別
などしない」
と、分かりやすく説いた、と中外は書いています。

 これ、分かりやすいですか???
 この念仏思想から、どうして、権力者による死刑、流刑
という弾圧が出てくるのでしょうか。
 これじゃ、さっぱり分かりません。

 聖道門の連中が腹を立てた理由にはなっても、権力者の
激怒には、ただちに直結しないからです。
 この場合、ときの主上・臣下が、何に激怒し、弾圧に
踏み切ったかを、そこが明確になっていません。

 次回は、11月7日と、12月18日、講師も変わりま
すので、この問題については、結局解き明かされないまま
になりそうで、残念です。

 なお、この件については、アノOVA「親鸞聖人」全集
の第3巻に、出てくるようです。気になる方は、こちらで
どうぞ。
親鸞聖人フォーラム(「アニメ全集の紹介」へ進んでください)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]