忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今週の「みほとけとともに 西本願寺の時間」では、
「ありがたき人との出遇い」と題して、群馬県蓮照寺(れんしょうじ)
の住職、松岡満雄(まつおか まんゆう)師のお話でした。
本願寺派布教使でもある松岡師が、なぜ群馬のこの寺に入寺して、
住職になったか、そこには、一人の老婆との出会いがあったからだ、
という話があって、そこに、親鸞聖人のお言葉が引用されていました。

「本願力にあいぬれば  むなしくすぐる人ぞなき
   功徳の宝海みちみちて  煩悩の濁水へだてなし」

 はて?
 このおばあさんとの出会いが、本願力にあった、ということか。
 まさかー!
 では、ここでおばあさんを通して「真実の仏法との出遇い、真実の
幸福とは何かを考えるご縁になった」といわれているので、知遇仏法
のことを、「本願力にあう」といわれるのか。
 そうではないでしょう。
 仏法に出会った人がみな、「むなしくすぐる人ぞなき」と今生で
なれるのならば、仏法聞いている人はみな、助かっていることになる。
 もしそうならば、蓮如上人が、
「この御正忌にうちに参詣をいたし、志をはこび、報恩謝徳をなさん
と思いて、聖人の御前に参らん人の中において、信心を獲得したる人
もあるべし、また不信心の輩もあるべし、もってのほかの大事なり」
と、手に汗握ってご教導くだされることもないはずです。

 親鸞聖人の報恩講に参詣された人の中に、信心獲得している人もいる、
まだ信心獲得していない人もいる、これはもってのほかの大事である、
と仰せだからです。
なぜなら、次に仰せです。
「その故は、信心を獲得せずば、今度の往生は不定なり」
だからです。また、別の御文章では、
「この信心を獲得せずば、極楽には往生せずして、無間地獄に堕在すべし」
とも仰せです。

 現在、信心獲得できていない人は、死んで極楽へ往生はできませんよ。
「されば、不信の人も、すみやかに決定の心をとるべし」
と教えてくださっています。
 決定の心をとるとは、信心決定のことで、信心獲得と同義です。

 ただ、毎日念仏ばかり称えて、草むしりばかりしていたおばあさん、
その方との出遭い、そして、仏法聞くようになったという、師の体験は
分かりましたが、それと
「本願力にあいぬれば」
とは、むりやりくっつけるのは、どうも・・・。
 つまりは、「本願力にあうとは、どういうことか」師が、よくご存知
ないからでしょう。
 もし、ご存知なれば、せっかく親鸞聖人のこの御和讃を出されたので
すから、その意味を、お話しいただきたかったですね。

 次回にでも、いかがですか?
 おっと、予定表では、次回は、宮崎県の平野さんだ。
 なになに?題は「父の思い出」またまた、話が脱線しそうな予感です。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]