忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[457]  [456]  [455]  [454]  [453]  [452]  [451]  [450]  [449]  [448]  [447
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 三業惑乱、ちょっと閑話休題、といっても、大いに関係のある
話題ですので書きます。最近読んだ、以下の文章に、なるほど
いずこも現状はこうなのか、と思わずにおれませんでした。


 非常に真摯にみ教えを求めておられた方のようで、そんな方に
こそ、宗祖の真の御心を、お伝えせねばならないのに、
このままではいかん!と、奮い立った次第です。

島根の無住寺
 ≪写真は、島根県のある無住の寺です≫

< 島根県に生まれ、仏法熱心な家庭で『正信偈』を聞き
 ながら育ちました。
  高校時代、仏教への関心から罪悪を知らされ、後生の
 不安を感じるようになりました。
  死んだらどうなるのか。その答えが知りたくて、京都
 の龍谷大学の短大へ行くことに、決めたのです。将来は、
 坊守(寺の住職の妻)になって、自らご法話を真剣に聞
 き、参詣された方のお世話をしたい。そんな夢を抱いて
 いました。

  ところが大学の講義に、まず失望しました。『正信偈』
 は、通り一ぺんの解釈だけで、帰命とは何か、分からな
 い。魂に響くものがなく、生死の問題はハッキリしない
 まま、すべて素通りしていきました。

  クラブ活動は、浄土真宗の教えを多くの人に伝えよう
 としている人が集まる伝道部に、迷わず入りました。
  しかし、ふたを開けてみると、寺の跡取りで、嫌々来
 ている学生がほとんどだったのです。「なんで寺に生ま
 れたのか」「これからどうやって生活していこう」と、
 いつも寺の愚痴をこぼしていました。真宗の実態を知っ
 て落胆し、間もなく退部しました。

  説教所である総会所や、大阪、奈良、滋賀などの別院
 に通っても、念仏さえ称えておれば極楽へ往けるという
 説教ばかりで、現在の明らかな救いは聞けません。

  「死んだら極楽」と、ひたすら信じて、有り難そうに
 念仏を称えている人もいましたが、何かしっくりこなく
 て、なじめませんでした。
  こんなハッキリしないものが、親鸞聖人の教えなのか。
 それとも、浄土真宗はもう廃れてしまったのだろうかと
 思い始めたのです。(つづく)>
  全文は、こちらをどうぞ。
「龍谷大学でも聞けなかった一念」
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]