忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [145]  [146]  [143]  [141]  [140]  [144
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 先にこのブログでも書きました、そして宗会でも議題になった、
「あんのん保険」問題について、不二川総長、武田総務は、答弁で、
「宗門長期振興計画で、財源が必要となる。宗派が団体契約することで、
保険料の割引があり、集金事務費が宗派に支払われることになっている」
と答えています。

 焦点はここ。「集金事務費」です。
 たとえば、「すでに11,000人の僧侶等が加入した」と言いますから、
掛け金、月に1,000円のコースで言うと、1100万円の掛け金が
毎月、集まります。
 これを集金してもらう手数料として、保険会社が、宗派に、いくらかを
支払ってくれる、というものが「集金事務費」です。
 実際は細かい計算が必要ですが、例えば、1100万円の1%として、
11万円が毎月収入となる、これを僧侶、その家族、門徒、その家族、
などと広げていくことで、毎月数十万、年に数百万の安定的な財源が
確保できる、というスンポーです。

 総局では、これを検討するにあたり、総局内に検討委員会を設置して、
導入を決めた、ということですが、
 そもそも、そういう現場の声を聞かず、総局内部だけで進めようとした
から、このようにあとから、憤懣が噴出してくるのです。
 議員からは、
「どうして住職が保険勧誘までやる必要があるのか」
「宗門を挙げて、営利事業でもないだろう」
と、反対の声が上がったのでした。
「門徒の中には、別の保険会社の勧誘員だったり、代理店をやっている
人だっているんだ」
「とても、御門徒に、勧められない」
「営利事業なのかとの誤解を招き、説明できない」
との意見も出ました。

 なお、取り扱い代理店は、株式会社プラニ、引き受け保険会社は、
損保ジャパンと、東京海上日動火災保険とのことです。

 以前に、寺院共済制度が破綻し痛い目にあったというのに、またぞろ、
細かい手数料欲しさに、営利事業まがいに手を出すのでしょうか。
 失敗して、泡と消えてしまうのは、ほかでもない、御門徒の出された
浄財だというのに。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]