忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[137]  [134]  [135]  [132]  [131]  [130]  [129]  [127]  [128]  [126]  [125
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 我が故郷、熊本の山鹿市で、龍谷大学伝道部熊本OB会の結成四十周年
記念大会が、10月3日、4日両日、開かれました。
 住職・寺俗を対象とした講演会が3日、一般向けの公開講座が4日、
両日で延べ700人近くの僧俗が参集しました。
 梯勧学の記念講演や、仏教研究家・都路恵子さんの講演、さらには、
活弁や、琵琶の弾き語りなどの続いた最後に、石川県志賀町の真宗大谷派
善法寺住職、範浄真了氏の節談説教がメインでありました。
 中外日報によると、「せり弁」「繰り弁」「のり弁」などの技法を駆使
し、情感豊かに法義を説いた、とあります。

 せり弁、のり弁、なんて、ホカ弁じゃないんだから、なんて突っ込みは
いいとして、どうして、メインが「節談説教」なんですか。
 そりゃ、確かに、東京親鸞会で、節談説教の大会をやって、盛り上がった
ので、DVDにまでして売り出してはいますよ。
 だけど、それは技法、手段の問題であって、今、緊急に取り組まねばなら
ないのは、まさに最初、梯勧学のテーマ「教学と伝道」ではないですか。
 いや、勧学の話そのものは、そのことではなかったけれども、その内容、
を言っているのです。
 教学---親鸞聖人の教えをまず僧侶自身、正しく学ぶ
 伝道---宗祖の教えを正しく、分かりやすく、皆さんに伝える
 これこそ、喫緊の課題です。

 宗制の改正で、まず第一に挙げられた「浄土真宗の正しい御本尊は名号で
ある」ということからして、みな、正しく学んで、正しくお伝えしましょうよ。
 正しい御本尊を伝える、これ以上に大切な「教学」も「伝道」もないのでは
ありませんか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
同感
若婦の大会でのご法話が節談説経と書いてたので、えっ?と思ったしだいです。来年の事なので、なんとかして変更できればとブログが目に留まりました。
kisina.noriko 2009/09/01(Tue)18:14:22 編集
変更は可能だと思います
コメント有り難うございました。

大会の実行委員会のような組織があると思いますので、思われたとおりを
申し出られたらよいと思います。

運営側が一番心配しているのは、「果たして、たくさんのみなさんに、
集まってもらえるだろうか」ということです。
「節談説教なら、今、見直されつつあるし、いいんじゃない」という
考えとか、あるいは、もっと上の組織から、
「ぜひ、あの人を出演させてやって欲しい」というような話が来て、
断りきれなくて、などなどの、いろいろ事情があってのことだと思います。

でも、かんじんの婦人会の皆さんが「節談では、どうも・・・」という
声を上げられたら、これは運営側としては、無視できないと思います。

そして代案として「もっと、ちゃんと、親鸞聖人の教えを、一から教えて
くださる講演などは、やってもらえませんか」というような提案をされ
れば、運営側も、「そうか、そういうことを皆さん期待しているのか」と
分かって、話が進めやすいと思います。

いかがでしょう。
管理人 2009/09/02(Wed)11:28:30 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]