忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[141]  [140]  [144]  [142]  [139]  [138]  [136]  [133]  [137]  [134]  [135
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 仏法との縁の浅い、一般の方にも読んで頂きたいと、
今年から、年二回をめどに発刊されることになりました
西本願寺の機関紙「安穏」に対して、先日の定期宗会で
問題になりました。

「約230万部発行と聞くが、その経費は」
「1回2500万、年二回なので、年に5000万円」
「予算には、計上されていなかったが」
「今年度の書籍購入費から充てた」
「それは教学伝道審議会にかけたのか?」
「いいえ」
「それほどの多額の経費、独断で支出してよいのか!」
「すみません。次からは、審議会に諮るようにします」

ということで、今回は、経費面の話ばかりでしたが、
いえいえ、もっと問題にすべきは、「安穏」の内容。
これほどの経費をかけても、宗祖親鸞聖人の教えを、
世に伝えるのに有効であれば、大いにけっこうですが、
はたして、そういう内容になっているのか、どうか。

もちろん、それを定期宗会で議論すべきかどうか、は
あるでしょうが、最も論じ合うべきは、その内容です。
 どうも、そうではなさそうで。
 季刊誌「ジッポウ」の項でも書きましたが、仏法色
をわざと薄くし、当たり障りのない内容にしてしまった
だけに、結局読んだ人に、何も残らない、結局、発行
そのものが、終息してしまう、そんな予感がします。
 あ、すみません、予感なんて、あやふやな言い方じゃ
よくないんですけどね。
 でも、まだ1回しか出ていませんので、今後「安穏」
がどうなるのか、ようすを見ましょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]